雷電のミッション。



コンピュータやインターネットが一般的になってから15年以上が経ちました。
数多くのオフィスや家庭にはコンピューターが導入され、「インターネット」や「メール」が便利なことは、
誰もが知っていることとなりました。

手軽に利用できるインターネットは、私達の生活に潤いや数多くの情報を提供し、
老若男女を問わず、その手に握られた数多くの携帯電話は、良くも悪くも情報通信手段として一役を担い、
多くの人々の人生や、様々な経済効果に影響を与え続けています。
既にビジネスシーンではPCやサーバが活躍するステージが確立し、携帯電話の無いビジネスは、
想像が難しくなりましたし、ネットワークを筆頭とする情報伝達技術はビジネスの生命線と言っても過言ではなくなりました。

そして昨今、私達の周りには、数多くのメーカーから提供されるハードウェア、
類義種が多く複雑化が進むソフトウェア、有料・無料を問わずネット越しに利用者へ提供されるサービスが数多くあり、
それらを組み合わせ「運用」することは、非常に困難となっております。

また、ITは利便性が向上する一方、使い方を誤れば数々の危険を引き起こす場合もあります。
例えば、企業における機密情報の漏洩や、多額のコストを費やして製作したデータの損失などが起こりうるでしょう。
また、ご家庭でPCをご使用になる場合でも、PCの故障や誤操作などにより二度と撮影することが出来ない、
大切な御家族の写真データが、失われてしまうかもしれません。

想像をしてみて下さい。
もし、ランタンを持たずに闇夜の森の中を歩けば、思いがけずトラブルに遭遇してしまうことがあるかもしれません。
不安なIT技術に取り囲まれた現代、有意義にコンピュータを活用するために
是非、ITという闇夜の森を明るく照す灯りを手に取って下さい。

雷電は皆様が 「IT」と言う闇夜の森を、笑顔で快適に歩いて頂く為の「灯火」であり続ける様、尽力致します。